トップ > 事業案内 > 健康保険組合システム > 適用・徴収システム

適用・徴収システム

  適用・徴収システムでは、適用情報の正確な管理と共に保険料計算(一般・介護)および必要な徴収資料の作成を効率よく行うことができます。

適用システムの特徴

  • 被保険者・被扶養者データ登録

    適用業務に必要な被保険者・被扶養者に対する所得、喪失、月額異動、賞与などの届出データを豊富な機能にて容易に入力処理ができます。
    データ登録中、どこでも瞬時に本人情報、家族情報、異動記録、台帳の検索ができます。

  • 制度間異動処理

    事務所間異動、任意継続者および特例退職者への異動処理を容易にする事ができます。 その際、一般の被保険者・被扶養者の情報を自動的に継続して登録します。

  • 各種資料の作成

    適用台帳他被保険者・被扶養者に関する資料および年齢別統計資料などが作成できます。

徴収システムの特徴

  • 保険料計算処理(一般保険料・介護保険料)

    計算方式に総額方式および個別方式を取り入れ、どちらでも選択する事ができます。
    遡及処理は過去2年間まで考慮し、処理する事ができます。
    計算処理が効率よいデータベースの構築により速やかに行えます。

  • 各種資料の作成

    保険料計算後、算定原簿(一般保険料・介護保険料)などの資料が作成できます。

  • データ連携

    調定データなどが月報システム、経理システムなどに連動されます。
    本部・支部間の調定データを連携し、本部にて支部データを含めた帳票作成ができます。

費用

費用、お見積もりに関しては、当社までお問い合わせください。
費用・お見積もりの問い合わせ先を確認する。

ページ先頭へ戻る