Web標準について

当社WebサイトとWeb標準について

Web標準とは、Webサイトにおける標準的な制作技術全般の規格のことで、Webにおける各種技術の標準化を推進しているW3C(World Wide Web Consortium)が中心となって定めています。 Web標準への準拠は、アクセシビリティの向上など多くのメリットがあります。 また、当社Webサイトは、身体に障害のある方や高齢者も含む様々な方が、当社のWebサイトをご利用し易いホームページの制作を行っております。

当社Webサイトが準拠しているWeb標準

当社Webサイトの一部もしくは主要コンテンツは、主に以下のWeb標準の規格に準拠しています。

XHTML(Extensible HyperText Markup Language)
Webサイトにおける文書構造を定義する言語で、当社Webサイトは、いくつかある規格の内「1.0 Transitional」に準拠しています。
CSS(Cascading Style Sheets)
Webサイトのコンテンツをどのように表示するかを指定する仕組みで、当社Webサイトは「2.0」というバージョンの規格に準拠しています。
WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)
Webサイトのアクセシビリティに関するガイドラインで、当社Webサイトは「1.0」というバージョンの指針に準拠しています。

当社WebサイトのWeb標準への取り組み方

当社は、Web標準へ準拠することを、サイト品質の継続的改善を実現するための基準の1つとして考えています。 Web標準に準拠したコンテンツの更新する際も、仕様に反しないよう運用を実施します。 また、準拠していないWeb標準の規格や今後定められていく新しい規格に対しても、サイトの有効性向上のための必要性などを考慮し、適宜準拠していきます。